[Single] 高橋洋子 – Welcome to the stage! (2017.03.22/MP3/RAR)

高橋洋子と鷺巣詩郎のコラボシングル「Welcome to the stage!」が本日3月22日にリリースされた。

鷺巣は「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズをはじめ、庵野秀明が総監督を務めた映画「シン・ゴジラ」の音楽も担当。高橋は「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲「残酷な天使のテーゼ」を歌ったことで知られている。シングル「Welcome to the stage!」には、「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」「シン・ゴジラ」で劇伴として使用されている楽曲「EM20」を高橋のボーカル曲としてアレンジした「TENSIONS – welcome to the stage」や、「シン・ゴジラ」でゴジラの恐ろしくも神々しい美しさを演出したレクイエム「Who will know」など4曲が収録される。ジャケットイラストは、「シン・ゴジラVSエヴァンゲリオン」のイメージでマンガ家の安野モヨコが書き下ろした。

また同じく本日3月22日に、鷺巣の20年間の軌跡をたどるアルバム「SHIRO’S SONGBOOK録音録 The Hidden Wonder of Music」、高橋のデビュー25周年を記念して制作されたベストアルバム「YOKO Sings Forever」、ハイレゾ配信限定でリリースされていたサウンドトラック「シン・ゴジラ劇伴音楽集」のCD版もリリース。このほか鷺巣の雑誌連載や寄稿をまとめた初の著書「鷺巣詩郎 執筆録 其の1 および、壮絶なる移動、仕事年表」も発売されている。

「SHIRO’S SONGBOOK録音録 The Hidden Wonder of Music」には、MISIAの「THE GLORY DAY」、平井堅の「Gaining Through Losing」、CHEMISTRYの「C’EST LA VIE」、Skoop On Somebodyの「ぼくが地球を救う~Sounds Of Spirit~」、ゴスペラーズの「一筋の軌跡」、2016年の「NHK紅白歌合戦」オープニングテーマ「Fly into the Sun」などを収録。同時発売のシングル「Welcome to the stage!」に収められる「TENSIONS – welcome to the stage」のバージョン違いも聴くことができる。

高橋のベストアルバム「YOKO Sings Forever」は彼女が過去に発表してきた楽曲のほか、新録音4曲&未発表曲3曲も収録。まらしぃがピアノ、武部聡志がハモンドオルガンを演奏する「残酷な天使のテーゼ」、武部がピアノで参加した「魂のルフラン」などを聴くことができる。またCDのみのボーナストラックとして、スタジオミュージシャン時代のCMソングも収められる。

1. TENSIONS – welcome to the stage
2. Who will know – furusato
3. Who will know – 2017
4. Who will know – snedronningen

DOWNLOAD From : Rapidgator, Uploaded, Datafile, Katfile, Faststore